よくある質問 の一覧

家庭用GHPとは?

家庭用GHPエアコンは、1台の室外機で3~4部屋を同時に冷暖房できるマルチタイプのエアコンです。

電気エアコンは、モーターでコンプレッサーを動かすように、家庭用ガスヒートポンプエアコン(GHP)は室外機内のガスエンジンでコンプレッサを動かして冷暖房を行ないます。ですからガスが供給されるのは、ガス給湯器と同じようにガスヒートポンプエアコンの屋外に設置している室外機だけです。この為、直火で暖房を行う灯油ヒーターと違い、お部屋での燃焼がないので安心で、しかも空気もクリーンです。

家庭用GHPの室内機は、壁掛形ばかりではありません。天井カセット形、ビルトイン形など幅広いバリエーションをラインアップしていました、この為、お洒落なリビングから落ち着いた和室まで、インテリアにベストマッチするタイプを選ぶことができます。
また、ガスならではのパワフル暖房として、家庭用GHPのパワフル暖房は、立ち上がりのスピードで毎日実感していただけます。寒い冬でも外気温に左右されず力強く暖めるGHPなら、もう他の暖房器具との併用は不要です。

GHPの消費電力は同能力の電気エアコンの約10%。だから、他の家電製品と快適に同時使用。余った電気の容量は、パソコンや調理器具等、他の家電製品にまわせます。
エアコンを2台つけているとき電子レンジを使うと、よくブレーカーが落ちてしまうなんていう長年のイライラもこれですっきり解消です。

しかし、家庭用ガスヒーポンハウジングマルチは、2000年8月に販売が終了致しました。

現在、メンテナンスの対応等も今後難しくなってきています。
この為、電気のマルチエアコンへの交換が必要となっております。

普通のエアコンと使い勝手は同じなの?

電気エアコンとガスヒーポン(GHP)では基本的に室内機に関しては、製造しているメーカーに関しても電気式のエアコンと同一のメーカーが製造している為、殆ど違いはありません。

集中リモコンなどもあり、電気のマルチエアコンと同様に複数台のエアコンを1箇所で制御を行うことも可能です。

しかし、室外機に関してはガスヒーポンはガスエンジンを電気エアコンは電気モーターで動いている為、ガスヒーポンに関しては、自動車のエンジンが車検ごとに点検を受けるのと同様にガスヒートポンに関してもオイル交換やプラグ交換などの点検を行わなくてはなりません。

安心して使用する為には保守契約に加入して頂くと安心です。また、スカイリモートにより機器の故障情報が自動的に通報されることにより、機器のメンテナンスに訪問させていただくことが出来る仕組みもあり安心です。

豊中市、茨木市、高槻市、吹田市、摂津市、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、東大阪市、八尾市、生駒市、奈良市、八幡市、京田辺市 については、ミヨシテックが設置したガスヒーポンに関しては弊社にてメンテナンス対応も可能です。

 

 

 

ガス空調はどれくらい節電になるの?

ガス空調(GHP)は電気エアコンと比べて冷暖房を行う際、モーターでは無くガスエンジンを使う為、電力の消費は室内機のファンと制御、室外機の制御に使う以外電力を使いません。

この為、ガスヒーポンを利用した場合、電気のエアコンを使用する場合の電力量の10分の1以下の電気で冷暖房が行えます。また、発電機能のついたガスヒーポンを利用した場合、殆ど電力を使わずに冷暖房ができます。

また電源自立型空調GHPハイパープラスならば、停電時にもガスが繋がって供給されていれば空調ができて、電気も使える自立発電対応のタイプのガスヒートポンプもあります。

(注)停電時は自動的に自立発電を開始するわけではありません。機器の破損が無いことを確認していただき、お客様にて自立切り替盤で運転開始操作を行う必要があります。

GHPとEHPの違いは?

GHPエアコンとはG(Gass engine driven)H(Heat)P(Pump)エアコンの略でガスを熱源として高効率のガスエンジンにてコンプレッサー(圧縮機)を駆動させて冷暖房を行う機器です。一方、EHPエアコンはE(Electric)H(Heat)P(Pump)エアコンの略で電気モーターでコンプレッサーを駆動させる機器です。

冷暖房の仕組みとしてはヒートポンプサイクルを利用して冷暖房を行います。冷媒にはR401などの冷媒を用いて熱を汲み上げる仕組みは同じです。

暖房時に関しては、GHPはエンジンの排熱を有効に利用しています。また、ガスエンジンでコンプレッサーと一緒に発電機を駆動させ発電を行なう機器についても発売されています。

ガスヒートポンプエアコン(GHP)はそもそも夏場の電力需要の多い電力のピークカットを目的に開発されております。この為、冷暖房中は殆ど電気を使用しません。なので大型のキューピクル(変電設備)などが必要がありません。

しかし、GHPにはガスエンジンで駆動させている為、オイル交換などの定期的なメンテナンスが必要となります。大阪ガスなどでは保守契約の契約をしていただく事で安心してご利用いただけます。

東日本大震災以降、原発の稼働が厳しい現在において、夏場のピーク電力カットを行うことが出来るGHPは、大型施設や、学校、病院、工場などで採用が増えております。