冷媒配管洗浄とは?

一般的にはエアコンを交換する時は、冷媒の種類が新冷媒になる為、なるべく配管も交換した方が良いとされています。

しかし、まだ再利用できる配管を、撤去や配管のやり変えはお客様の設備投資に多大な負担がかかります。また、隠蔽配管など壁や天井を捲ったり、かなりの工事になってしまうことがあります。
この為、最近発売されている最新のエアコンに関しては既存配管の利用可能な機器の販売が増えています。
しかし、交換の際は配管の状態に問題がない場合に限られています。例えば、これまで取り付けていたエアコン撤去時にフロンガスを室外機にポンプダウン(室内機と配管の冷媒を室外機に閉じ込める作業)ができる必要があります。
エアコンの故障などが発生した場合、ポンプダウンが出来ないと既設の配管の中に長年使うと摩耗した部品から鉄粉などのゴミや劣化したオイルにより配管内が汚染されている事があり、エアコン交換時に汚染された配管をそのまま使用すると新しいエアコンを壊してしまう事もあるので配管洗浄が必要となります。

弊社ではフロンガスの回収機と冷媒配管洗浄機を自社メンテナンスの社員にて作業を行う為、お客様に低価格で作業を行うことができます。