よくある質問 の一覧

除湿と冷房ってどう違うの?

ゴールデンウィークくらいまで朝夕の気温変化の大きい日が続きますし、ジメッとした梅雨もやってきます。そこで活躍するのはエアコンですねその中でも、まだクーラーは早いかな?と思いながら使っているのは「除湿」だと思います、この「除湿」と「冷房」ってどう違うの?またどちらが「お得」というご質問がありましたので調べて見ました。

<冷房>

冷房は部屋の温度を下げることを最優先とした機能です。エアコンが室内の空気を吸い込み、空気中の暑い熱を外へ逃がします。熱がなくなり涼しくなった空気はまた室内に戻されます。冷房はこのようなしくみで部屋の中を涼しくしています。

<除湿>

部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能です。温度が高い程、空気が保持することができる水分量は多くなります。そこでエアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出し、追い出された水分は水となりホースで外へドレン水として排出されます。水分をとったあとのさらさらになった空気はまた室内に戻されます。これを繰り返すことで室内の湿度を下げるのです。ちなみに、除湿には、「弱冷房(じゃくれいぼう)除湿」と弱冷房除湿は水分をあつめる ために温度を下げた空気を、そのまま部屋に戻すので弱い冷房(れいぼう)をかけているのと同じ仕組みです。
「再熱(さいねつ)除湿」は、温度を下げた空気を、ちょうどいい温度にあたためなおしてから部屋にもどす方式です。
だから部屋の温度を下げずに湿度だけを下げるところができるんですね。特に、梅雨などじめじめしたときには、はだざむくならない「再熱(さいねつ)除湿」がおすすめです。
最近では除湿の他に加湿暖房ができる機種を持つメーカーもあります。エアコンを選ぶ時の参考にしてください。
電気代が気になるという質問に電気代をおさえたいときは、弱冷房(じゃくれいぼう)除湿や、高めの温度に設定した冷房(れいぼう)がおすすめです。再加熱除湿はやはり少し温度を温めて戻している為「電気代」というところから考えると少し電気をたくさん使用します。

ミヨシテックではあなたの疑問や質問で誠実に対応させて頂きます。お客様のご要望にお応えできるエアコンも取り揃えております。
今年は買い換えかな?と思った方、新しくエアコンを増設しようとお考えの方、家庭用GHPからの電気エアコンをお考えの方

見積は無料、他社様との比較検討ご自由です。
寝屋川に拠点を置くわたくしども株式会社ミヨシテックにお任せ下さい。

ガス吸収式冷暖房機 エコライフマルチってどんなエアコン

ガスで冷房と暖房が1台でできる家庭用のエアコンです。冷房では冷媒にフロンを利用せず水を使ってガスで冷却する地球に優しいエアコンとして主に新築戸建て住宅を中心に販売されていました。大型の空調機でよく使用されている吸収式冷温水発生器を小型にして家庭用で販売していた空調方式でエアコンの室内機に冷水や温水を循環させて熱交換器を行うエアコンです。

吸収式で高効率冷房が出来、冷・暖房共に外気の影響を受けにくい方式。また冷温水搬送なので分岐が簡単で、室内機が5台まで接続ができ、エアコンだけでなく床暖房2系統まで接続可能でした。樹脂管なので施工性もよく低コストと当時は画期的な商品でしたが、惜しまれつつ販売を終了致しました。
型式室外機は040-0600、室内機は壁掛けタイプ047-0603・047-0604(1.6kw)047-0605(2.0kw) 047-0606(2.5kw)天カセ047-0624(2.5kw)047-0625(3.2kw) ビルトインタイプ047-0614(2.0kw)047-0615(2.5kw)として販売されていました。
エコライフマルチの交換に関しては電気エアコンに交換になる為、冷媒配管工事や電気工事が必要になります。
エコライフマルチのお取替えはガス工事のできる会社でなければできません。確かな技術力と実績の私どもミヨシテックにお任せ下さい。自信を持って対応させていただきます。

施工事例

摂津市 千里丘東 M様邸 エコライフマルチ交換工事(40-600→S25VTCXS)

 

木津川市 M様邸 エアコン交換工事

エアコン 外電って何?

先日お電話にて、お引越し先のマンションが「外電タイプ」とオーナー様より連絡ありましたが、外電ってなんですか?ご相談いただきました。
外電とは「外部電源」の事で分電盤から直接、外部にある室外機へ電源をつなぎ室外機から電気をエアコン室内機に戻すタイプです。外部に電源があるってコンセントはどうなるの防水?とエアコン初心者の私は思ってしまいましたので調べてみました。
外電の場合「コンセント」ではなく壁から電線を直接エアコン室外機に設置する事になります、だから外部にコンセントは無いんです。なるほど!
外部電源のメリットは、室内側のコンセントが無く壁がすっきりと仕上がる事と室内電源の場合100Vタイプが主流ですが(200Vの室内電源もあります)外部電源は200Vになりマルチタイプエアコン設置が可能になる事です。
外部電源エアコンの設置のイメージはこんな感じです。

エアコンを選ばれる際には下記のように外部電源タイプのある商品の外部電源品番を選んで下さい。下記の商品は12畳用は外部電源タイプが無く14畳用はどちらもあるので外部の品番を選ぶといった要領です。エアコンの選定は私どもミヨシテックにお任せいただきますとお部屋の広さは電源タイプなどに基づき一番良い商品をお勧めできます。

これからお引越し等で新しいお部屋へ引っ越される方で今お使いのエアコンの移設をお考えの方は電源の形を引越し先の担当の方に良く確認しておく事をおすすめします。
また、エアコンの工事でなにかご不明な点、お困りの事がありましたらご相談下さい
見積は無料、他社様との比較検討ご自由です。
寝屋川に拠点を置くわたくしども株式会社ミヨシテックにお任せ下さい。

空気清浄機で花粉をブロック 選び方・置き方

やっと雨も上がりましたが少し肌寒い1日になりましたね。こんな1日は花粉が良く舞ってしまうそうです。雨で空気中の花粉が地面に落とされ、さらにその路面が蒸発する時に一気に花粉を巻き上げてしまうのが原因だという事です。本日は引き続き空気清浄機の選び方と置場についてお伝えします。

<選び方>

①適用床面積
「適用床面積」が大きいほど、お部屋が早くきれいになります。「適用床面積」は、空気清浄機を設置する部屋の広さの3~4倍のものを選ぶのがおすすめです。
面積の広い部屋に小さい清浄機を置く事は無意味なのではなく少し全体が清浄されるまでに時間がかかるという事なんです。

②フィルターの寿命
空気清浄機の寿命は約10年といわれています。だから、フィルターの寿命が10年以下だと、都度交換の必要があり、コストがかかる上に面倒。フィルター寿命の長いものがおすすめです。

③集塵能力の持続性
フィルターの目詰まりによって、集塵能力は徐々に低下するものです。
風量が大きいものや、長期間使用してもフィルターが目詰まりしにくい電気集塵機能を搭載したものがおすすめです。<置き方>
空気清浄機の置き場所は◯◯◯◯下が良い

置場は諸説あるようなのでミヨシテック社員の考察ですみません
結論は壁際エアコンの下ではないかと思われます。
部屋の空気が循環していて戻ってくるところそれは「エアコン下」ではないか?と言う設です。また、エアコンの中も充分お手入れしてるつもりでも意外とカビや最近が発生していたりするものです。それも考えると一番おすすめです。

入口もいいかも
部屋の入口は外気の出入りがあり花粉等のアレルゲンも出入りしてしまいます。
入口でシャットアウトする事がとても大切なのです。

ミヨシテックではダイキン製の空気清浄機がお買い得!すぐご連絡下さい
すぐに御見積り金額送らせていただきます。他と比べて見て下さい。絶対損はさせません現品、おうちまでまごころこめてお届けさせていただきます。

花粉の季節 空気清浄機について

今日は少々冷たい雨が降っていますが、春になるにつれて花粉が気になる人多いですね。先日「雨上がり」は花粉が大量に飛びます。お天気おねえさんが話していました。なぜ?雨によって上空にあった花粉が地上まで雨粒と一緒に降るからだそうです。今日は雨だから大丈夫、と安心してマスクをつけないままでいたりするといつもより花粉症をひどく感じることになります。また、花粉症の人は、花粉を吸いこんでいつもすぐにアレルギー反応が出るわけではありません。アレルギー反応は時間差で出ているんですね
花粉の一番の予防は侵入を防ぐ事、外出や換気の時はもちろん、衣服などにも付着して室内に入ってきます。 また、大きな花粉よりも小さな花粉の方が、室内に入り込みやすい傾向もあります。

でも侵入してしまったら空気清浄機を上手に使いこなすのはいかがでしょうか?
ミヨシテックでは「ダイキン製空気清浄機」をお勧めしています。是非この花粉の季節に
使って納得して下さい。空気清浄機はいろいろなアレルゲンに対応しています。これから暖かくなる季節には「ダニ」や「ほこり」等花粉だけではない物が飛びやすくなっています。またインフルエンザの季節にも大活躍!一度お試し下さい。

明日はもう少し空気清浄機の選び方や置き場所等について調べてお伝えします。
ご期待下さい。

ミヨシテックではダイキン製の空気清浄機がお買い得!すぐご連絡下さい
すぐに御見積り金額送らせていただきます。他と比べて見て下さい。絶対損はさせません現品、おうちまでまごころこめてお届けさせていただきます。

ミヨシテックは地域密着で行っています。
下記の地域にはお電話いただいたらすぐにかけつけます。
お気軽にご連絡くださいませ。

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市

 

 

 

 

 

和室壁についているGHPを外すと穴が空いてしまいますか?

先日ホームページをごらんいただいたお客様から家庭用GHPを電気エアコンに交換をお考えとご連絡いただき
「和室についているのは壁に直接設置されていて押入れの上から吹き出すタイプなんだけど、その穴はどうなってしまうの?」
とご質問をいただきました。お客様のご心配は、穴が空いたままになってしまうの?という内容
お電話でしたのでイメージですが下記のような形だったのではないかと思われます。

このようなタイプに対応するエアコンもご用意しております。
色々な設置の形がございますので、充分内容を確認させていただきご相談させていただきます。

一例ですがこんな対応タイプのエアコンもご提案させていただきます。
マルチエアコン対応の電気エアコン埋込けタイプ(ご紹介しているのはダイキン製のマルチエアコン)

  • DG-99A410 低型(背面設置タイプ) 高さ341mm ・ 幅785mm
  • KDG413C13 和風(幅広用) 高さ349mm ・ 幅805mm
  • 既設の据付枠をそのままご利用いただける更新用ワイドグリルもご用意しております。

どんな内容でも一度ご相談下さい、現地調査から丁寧にご対応いたします。家庭用GHPのお取り替えも電気エアコンからのお取り替えも
幅広く対応させていただきます。

ガスシステムエアコンのお取替えはガス工事のできる会社でなければできません。確かな技術力と実績の私どもミヨシテックにお任せ下さい

 

EHPエアコンとはどんなもの EHPから電気マルチエアコンへのお取替え事例

GHPエアコンはミヨシテックでも扱っているのですが、今回はお客様より「EHPエアコン」三菱電機製 水方式換気、冷暖房システム。 室外ユニット SW-405HP-SK EHP用熱交換ユニット SW-810NK-SK 室内ユニット NW-20KNH-SK  (壁掛け形) 室内ユニット PW-32CS-SK  (天井カセット形)からのお取替え見積りを受けましたので改めまして「EHP」についてご紹介します。私は初めて家庭用のEHPを見せていただきました。ヒートポンプとはそもそも少ない投入エネルギーで、空気中などから熱をかき集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術のことです。

イメージとしては上記のようなものです。その空調機には、大きく分けて圧縮機の駆動源に電気を使用した電動機駆動式のエアコン「電気モータヒートポンプ(EHP)」と、ガスを使用したガスエンジン駆動式のエアコン

「ガスヒートポンプ(GHP)」があります。電気モータヒートポンプ(EHP)とガスヒートポンプ(GHP)電気モータヒートポンプ(EHP)は圧縮機の駆動にモータ(電動機)を使用し、ガスヒートポンプ(GHP)はガスエンジンを使用しています。このような形のエアコンのお取替えもご用命頂ければ当社で現調、見積りまで無料お伺いいたします。

 

 

 

 

 

EHPからのお取替えもGHPからのお取替えも私たちミヨシテックが責任を持ってお取替えいたします。寝屋川本社京阪沿線に強いミヨシテックにぜひご一報ください

隠蔽配管再利用の配管洗浄は本当に必要ですか?

隠蔽配管でお困りのお客様からお問い合わせを多数頂きましたので今日はその中から配管洗浄について調べて見ました。配管洗浄が必要な場合は下記2点がポイントです。

①冷媒ガスが違っている場合
エアコンは製造年や機種によって冷媒ガスが異なります。主に家庭用エアコンはR22 R410A等です。
現在R22については環境への影響が出る為このガスを使用した機器が製造されなくなっています。隠蔽配管利用の場合異なる冷媒ガスのエアコンを取り付けてしまうと配管内に不純物が生成されてしまう為配管洗浄が作業が必要です。(詳しくは現地調査に無料でお伺い致しますのでその際に確認しご説明させて頂きます)

②現在お使いの機器が故障の為止まってしまっている場合
エアコンは「室外機内」のコンプレッサーで冷却した空気を「室内機」に戻して冷気を送っています。(下記の図のようなイメージです)
室外機が 全く作動しないは必要です。配管を外させて頂く場合、冷房運転をさせて頂き、配管内の冷媒ガス、オイルを室外機に回収させて頂く作業が必要になります。機器が動きませんと その作業が出来きず 配管内にガス オイル類汚れが残ります為 洗浄が必要になってきます。
正常に作動しておりましたら、室外機に回収させて頂きますので 洗浄は不用です。
こちらもミヨシテックでは必ず事前に現地調査を無料にて行いご説明させて頂きます。

隠蔽の既設配管の再利用の場合は設置内容も多種多様ですし、マルチエアコンのように室外機が1台で室内機複数台を設置等の場合もございます。まずはお見積りの為の現地調査にて配管が利用できるかどうかや洗浄の必要が有るかどうかなど詳しく調べさせて頂きお見積り致します。もちろん現地調査の調査費用は無料です。お見積り後もお客様のご都合に合わせた内容にて工事させて頂きます。隠蔽配管再利用のエアコンのお取替えは京阪沿線に強いミヨシテックにご用命ください。

エアコンとガスファンヒーター。同じ設定温度にしたらどちらがお得?

エアコンとガスファンヒーターを同じ設定温度にした場合どちらが効率が良いかといえばそれぞれに特徴があります。

冬場の暖房はエアコンとガスファンヒーターだとすぐに部屋全体を温めてくれるのはガスファンヒーターです。エアコンの場合、室外の温度が寒い場合、霜取り運転などを行う時間もある為、その間暖房がされない時間があります。しかし、ガスファンヒーターにはその様な心配はありません。しかし、光熱費に関しては、最近の高効率のエアコンとガスファンヒーターではエアコンの方がランニングコストは安くなります。

しかし、エアコンについては壁の高いところに室内機が取り付けられていることも多い為、暖かい空気は対流で上の方に集まる為、人間の顔の周りは暖かいですが、足元が寒いなど、本当に暖めたい場所が十分に暖められるわけではありません。その点、ガスファンヒーターに関しては吹き出し口は床の少し上にある為、足元から暖かい風を送ることができる為足元暖かで顔の周りは快適な温度にすることができます。暖房時には一般的に頭寒足熱と言われ頭は涼しく、足元あったかが一番良い暖房とされています。

足元を温めるにはガスファンヒーターや石油ファンヒーター、床暖房などがあります。しかし、欠点もあります。室内で燃焼させるガスファンヒーターや石油ファンヒーターの場合、暖房器具に関しては定期的に換気を行うことが必要となります。(燃焼によって室内の酸素が燃焼によって減少し、二酸化炭素や一酸化炭素となっる為)

この為、電気のエアコンと暖房で使用したり、はじめの部屋の温度を少し暖めるため、ガスファンヒーターを利用し、その後、床暖房などと組み合わせて使用すると快適です。

エアコン工事の取替取付工事ははミヨシテックへ

床暖房に関してもミヨシテックへご連絡下さい。

 

エアコンの電気料金を節約するにはどうしたらいいの?

エアコンの電気料金は家庭で年間使う電気料金の約30%前後といわれています。
この為、エアコンを上手に使うことで電気の節約をすることが出来ます。
1.最新の新しいエアコンに交換する。
古いエアコンを使用している場合、新しいエアコンに関しては、冷媒やインバター、熱交換器等の技術の進化により、エアコンは非常に効率の良いエアコンに進化しています。古いエアコンを使い続けるよりも新しいエアコンに交換することが1番の節電になります。
2.エアコンのフィルターをまめに清掃する。
エアコンは熱交換をするためにファンを使って空気を循環させます。この時フィルターが詰まっていると充分な空気が流れないため熱交換の効率が悪くなります。これを避けるために定期的なフィルター清掃(2週間に一度程度)が省エネにつながります。また、熱交換器自体を室内機洗浄することも効率をあげ、故障の軽減にも繋がります。
3.設定温度を1度変更する。
空気中の温度を1度変更するためには非常に大きなエネルギーが必要となります。このため設定温度を変更することでコンプレッサーなどの作動時間を軽減することができ電気料金を下げることができます。
4.カーテンなどを使って窓からの熱の侵入を防ぐ。
エアコンにとって外部から入ってくる熱の流入は非常に大きなも熱負荷となります。たとえば、夏場の西からの西日などは非常に大きな熱負荷となります。また、冬場の場合、冷えた外気が窓から部屋に侵入してくるため、特に暖かい空気が部屋の上部に溜まり、窓で冷やされた冷たい空気が足元にくる現象(コールドドラフト現象)が起こります。
5.こまめに電源をON・OFFする。
電気をこまめにON・OFFすることで無駄な時間部屋を暖めたり冷やしたりすることがなくなる為、省エネです。