よくある質問 の一覧

エアコンのドレンはなぜ出るの?

エアコンで冷房運転をすると、室内機の熱交換器にて冷媒ガスによって室内の空気が冷やされます。この時、室内の空気に含まれている空気中の水分が飽和水蒸気量よりも温度が下がった時、空気中で水蒸気でいられなくなった湿気が、結露をしてその水が、ドレンパンに落ちてドレンホースやドレン管を通って、外に排水されます。
このエアコンからのドレン排水は、一見澄んでいて綺麗な様にも思えますが、エアコン内に付着した汚れについたカビやバクテリアなを含んでいる為、動植物などのはやってはいけません。
また、ドレン管は、排水の桝や配管などに直接排水してはいけません。基本的には間接排水でドレン排水は配管に繋ぐことになってます。もしくは垂れ流しで側溝や土間、通路などに出しても問題ありません。しかし、結構、夏場の熱いジメジメした日には大量のドレンが発生して水が出てきます。この為、雨水配管に直接つなげる場合、ドレン逆し弁などを取付けて、直接繋ぐことは可能ですが、汚水との接続については絶対に直接繋ぐことはいけません。なぜならエアコンのドレン配管と室内機が直接つながると室内機に直接下水の空気が流れて来て下水の匂いが上がってしまうトラブルが発生いたします。

エアコンからの水が漏しているが原因はなに?

エアコンからの水漏れの原因は5つ考えられます。

1.ドレンホースの詰まり

その中で非常に多い原因はドレンホース(ドレン配管)の詰まりによるものが多いです。その原因は水垢やほこり、虫の死骸等が詰まり、冷房中に大気中に含まれている水分が凝縮して、ドレンが発生するのですが、通常、ドレン配管を通って、外部に排出されるのですが、その間が詰まっていることで、水が逆流することにより、水漏れが発生することがあります。

2.ドレンホースの破損

ドレンホースの破損も考えられます。ねずみなどの小動物がかじったりしてドレンホースが破損している場合もあります。処置としては、ドレンホースを入れ替えるか。ビニールテープなどを巻いてコーキングなどで補修するなどの対応が必要となります。

3.室内機フィンの結露

エアコンの性能よりも部屋が大きい場合など、エアコンが長時間フル稼働状態で稼動している場合、本体が冷えすぎ室内機のフィンの結露による室内機本体からの水漏れの場合もあります。

4.室内の冷媒配管からの結露

冷媒配管の保温材の劣化などにより、銅管が露出している部分があった場合、その銅管配管の温度が低くなることで結露が発生して大量の水漏れを起こしてしまう場合もあります。特に、湿度が高い場所では結露が発生しやすく隠蔽配管などで配管している場合、天井から結露水が垂れてくるなどの事例もあります。

 5.エアコン本体が傾き

エアコンの室内機が傾いていることにより、水がドレンパンからオーバーフローしてしまい水漏れをおこしてしまう。この場合、施工の取付が水平になっていないことが原因と考えられるので、取付業者に手直しをして頂く必要があります。

エアコンの水漏れでお困りでしたらミヨシテックにご連絡下さい。

 

エアコンの電気料金が気になるのですが、節約するにはどうすればいい?

省エネの技術は日々進化しています。この為、今のエアコンは10年前のエアコンと比べると機種によっては20%以上省エネ性能は高くなっています。この為、新しいエアコンに買い換えると電気代が大幅に安くなったという声が届いてます。

また、エアコン代を節約する為につけたり消したりを繰り返すよりも、一度温度を冷やした所で温度を維持する方が安くなります。

新しい機器の場合はまず、冷房の設定温度を28度以上に設定することで、エアコン料金を減らす事ができます。設定温度を上げるだけで、節約になります。

また、窓などの熱の流入を遮断するためにカーテンなどを閉めることで熱の流入が減り電気代を減らすことが出来ます。また、扇風機などで室内の冷たい空気などは下に溜まるため、室内の空気をかき混ぜることによって部屋全体を涼しくする事が可能です。更に、人は直接肌に風が当たることにより、体感温度が約2℃下がるといわれているので、更に効果的です。

最近の住宅に関しては、高気密高断熱の建物が増えています。この為、冷房や暖房で温度を変化させると室外からの熱進入が無いため、電気代も節電できます。古い住宅にお住まいの場合は、リフォームなどでサッシガラスを断熱ガラスに変更したり、断熱材を新たに設置するなどを行うことにより、より空調による電気代を節約することが出来ます。

 

クーラーの効きが弱いのですが?

クーラーの効きが弱い場合、3つの原因が考えられます。

1.エアコンの熱交換ができない場合

エアコンは室内機で室内の空気を吸い込んで熱交換器で空気を冷やしたり温めたりします。この為、熱交換器に空気が循環できなければ行けません。フィルターや熱交換器のフィンがほこりなどで詰まってしまった場合、十分な熱交換ができない為、効きが悪くなります。また、ファンの故障などによりファンが回転しないなども考えられます。

2.エアコン本体や冷媒ガス工事の漏れによるもの

エアコンでは室内機と室外機を冷媒配管(銅管)で結ばれています。この銅管の接続部。フレアからのガス漏れや銅管を曲げたりしたところでの漏れ、溶接などを行った部分からの漏れなどが考えられます。その他、室内機や室外機のフィンからのピンホールなどによるもも有ります。ガスが不足している場合は、どこから冷媒配管が漏れていたのかを特定し、漏れを修繕してから冷媒ガスの補充を行う必要性があります。

3.設置したエアコンの能力が不足している。

エアコンを設置する場合、設置する部屋の大きさなどにより冷房能力を検討して設置を行います。一般的には部屋の大きさなどのみで取り付けを行うエアコンを決定する事が多いのですが、室内に置いてある電化製品や、その部屋にいる人の人数が多くなったりすると、想定していた能力以上となった場合、効きが悪くなることがあります。その他、室外機などの前に壁が出来たり、風が通らず、室外機周りの温度が高くなったりするとクーラーの効きが悪くなります(ショートサーキット)。

エアコン用のコンセントが無いのですが?

電気のエアコン(ルームクーラー)には電源が必要です。一般的に室内機に専用のコンセントを設置して、そのコンセントから電気を室外機に送りエアコンを動かします。

エアコンには機種により使用する電圧等が違うため、その機種にあった電圧のコンセントを準備しなくてはいけません。

この為、事前に電源があるかどうかを調査する必要があります。機種によっては電源を室外機の方にブレーカーより直接電気を接続している機種もあります。

一般的なエアコンの場合、単相100Vもしくは200Vの電源が必要となります。電圧が違ったり、コンセントの形状が異なる場合は、電気工事が必要となります。

もともと、GHPなどの室内機でコンセントを必要としない機種やマルチエアコンなどの場合は、室外機に直接電気を繋いでいる場合もある為、注意が必要です。

ミヨシテックでは、電気の資格を持った作業員がコンセントの増設などの工事も行っております。お気軽相談ください。

エアコンのガス漏れの原因とは

エアコンの冷媒ガスが抜ける原因は以下の原因が考えられます。

1.工事の取付ミスによるもの

エアコンの工事では室内機と室外機を銅の配管によって接続を行います。一般的には家庭用のエアコンでは、接続するのにフレア加工を施して、室内機・室内機を接続します。このフレアを加工する時に、表面に傷などが付いてしまった場合、もしくは接続時に異物が混入した場合、ガス漏れの原因となります。また、配管を行う時に基本的には1本もの銅管で配管することが望ましいのですが、隠蔽配管や工事の施工条件によっては、途中で溶接やフレア接合を行う場合があります。その接合部分からの冷媒ガスが漏れることもあります。

施工不良の場合、工事後、数日から数年で症状がでます。

2.設置している室外機などを無理やりに動かした場合

エアコンの室外機は、屋外に設置していますが、狭小地などの場合、ぶつかったなど無理に室外機が動いてしまうと、冷媒配管で使用している銅管が、経年変化で非常に硬くなっており、接続部などからガスが漏れる場合があります。

3.配管の腐食などによるもの

エアコン本体の熱交換器や、コンプレッサーなど本体が長年使用していることにより、腐食してパイプに穴が開いてしまいガス漏れが発生する場合があります。特に、アンモニアなどの腐食を起こしやすいガスなどが発生している場所で空調を行ったりすると、腐食が早く起こる場合があります。

ドレン排水を直接汚水配管に接続をしている場合下水の配管より、アンモニアなどの腐食を起こしやすいガスが原因で室内機の熱交換器などに穴が開く場合もあります。

ガス漏れが発生した場合、修理をすべきか買い替えを行ったほうが良いか状況により判断する必要があります。専門業者に確認をしてもらい、判断してください。

 

 

 

 

エアコンのご注文とお支払方法は?

エアコンのお問い合わせの際によく確認いただくご注文方法とお支払方法についてお答えします。

<ご注文方法>
お電話(フリーダイヤル0120-060-344)携帯電話からもOKまたは、お問い合わせフォームよりメールでお申込み下さい
確認しだい弊社よりご連絡いたします。
連絡時に必要な ・お名前(フルネーム)・ご住所・電話番号をお聞きします。
ご注文内容につましては工事担当者より詳細をお聞きいたします。直接お話しをお伺いいたしますので
わからないこと等どしどしご確認ください。

また、現場調査を行わさせて頂き見積や施工が可能かどうかを調査させて頂きます。

<支払い方法>

支払いに関しては現金払い、銀行振込、そしてカード払い(VISA・MasterCard・JCB・AMERICANEXPRESS・DinersClub・DISCOVER)が可能です。

銀行振込はりそな銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行へお願い致します。