よくある質問 の一覧

EHPエアコンとはどんなもの EHPから電気マルチエアコンへのお取替え事例

GHPエアコンはミヨシテックでも扱っているのですが、今回はお客様より「EHPエアコン」三菱電機製 水方式換気、冷暖房システム。 室外ユニット SW-405HP-SK EHP用熱交換ユニット SW-810NK-SK 室内ユニット NW-20KNH-SK  (壁掛け形) 室内ユニット PW-32CS-SK  (天井カセット形)からのお取替え見積りを受けましたので改めまして「EHP」についてご紹介します。私は初めて家庭用のEHPを見せていただきました。ヒートポンプとはそもそも少ない投入エネルギーで、空気中などから熱をかき集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術のことです。

イメージとしては上記のようなものです。その空調機には、大きく分けて圧縮機の駆動源に電気を使用した電動機駆動式のエアコン「電気モータヒートポンプ(EHP)」と、ガスを使用したガスエンジン駆動式のエアコン

「ガスヒートポンプ(GHP)」があります。電気モータヒートポンプ(EHP)とガスヒートポンプ(GHP)電気モータヒートポンプ(EHP)は圧縮機の駆動にモータ(電動機)を使用し、ガスヒートポンプ(GHP)はガスエンジンを使用しています。このような形のエアコンのお取替えもご用命頂ければ当社で現調、見積りまで無料お伺いいたします。

 

 

 

 

 

EHPからのお取替えもGHPからのお取替えも私たちミヨシテックが責任を持ってお取替えいたします。寝屋川本社京阪沿線に強いミヨシテックにぜひご一報ください

隠蔽配管再利用の配管洗浄は本当に必要ですか?

隠蔽配管でお困りのお客様からお問い合わせを多数頂きましたので今日はその中から配管洗浄について調べて見ました。配管洗浄が必要な場合は下記2点がポイントです。

①冷媒ガスが違っている場合
エアコンは製造年や機種によって冷媒ガスが異なります。主に家庭用エアコンはR22 R410A等です。
現在R22については環境への影響が出る為このガスを使用した機器が製造されなくなっています。隠蔽配管利用の場合異なる冷媒ガスのエアコンを取り付けてしまうと配管内に不純物が生成されてしまう為配管洗浄が作業が必要です。(詳しくは現地調査に無料でお伺い致しますのでその際に確認しご説明させて頂きます)

②現在お使いの機器が故障の為止まってしまっている場合
エアコンは「室外機内」のコンプレッサーで冷却した空気を「室内機」に戻して冷気を送っています。(下記の図のようなイメージです)
室外機が 全く作動しないは必要です。配管を外させて頂く場合、冷房運転をさせて頂き、配管内の冷媒ガス、オイルを室外機に回収させて頂く作業が必要になります。機器が動きませんと その作業が出来きず 配管内にガス オイル類汚れが残ります為 洗浄が必要になってきます。
正常に作動しておりましたら、室外機に回収させて頂きますので 洗浄は不用です。
こちらもミヨシテックでは必ず事前に現地調査を無料にて行いご説明させて頂きます。

隠蔽の既設配管の再利用の場合は設置内容も多種多様ですし、マルチエアコンのように室外機が1台で室内機複数台を設置等の場合もございます。まずはお見積りの為の現地調査にて配管が利用できるかどうかや洗浄の必要が有るかどうかなど詳しく調べさせて頂きお見積り致します。もちろん現地調査の調査費用は無料です。お見積り後もお客様のご都合に合わせた内容にて工事させて頂きます。隠蔽配管再利用のエアコンのお取替えは京阪沿線に強いミヨシテックにご用命ください。

エアコンとガスファンヒーター。同じ設定温度にしたらどちらがお得?

エアコンとガスファンヒーターを同じ設定温度にした場合どちらが効率が良いかといえばそれぞれに特徴があります。

冬場の暖房はエアコンとガスファンヒーターだとすぐに部屋全体を温めてくれるのはガスファンヒーターです。エアコンの場合、室外の温度が寒い場合、霜取り運転などを行う時間もある為、その間暖房がされない時間があります。しかし、ガスファンヒーターにはその様な心配はありません。しかし、光熱費に関しては、最近の高効率のエアコンとガスファンヒーターではエアコンの方がランニングコストは安くなります。

しかし、エアコンについては壁の高いところに室内機が取り付けられていることも多い為、暖かい空気は対流で上の方に集まる為、人間の顔の周りは暖かいですが、足元が寒いなど、本当に暖めたい場所が十分に暖められるわけではありません。その点、ガスファンヒーターに関しては吹き出し口は床の少し上にある為、足元から暖かい風を送ることができる為足元暖かで顔の周りは快適な温度にすることができます。暖房時には一般的に頭寒足熱と言われ頭は涼しく、足元あったかが一番良い暖房とされています。

足元を温めるにはガスファンヒーターや石油ファンヒーター、床暖房などがあります。しかし、欠点もあります。室内で燃焼させるガスファンヒーターや石油ファンヒーターの場合、暖房器具に関しては定期的に換気を行うことが必要となります。(燃焼によって室内の酸素が燃焼によって減少し、二酸化炭素や一酸化炭素となっる為)

この為、電気のエアコンと暖房で使用したり、はじめの部屋の温度を少し暖めるため、ガスファンヒーターを利用し、その後、床暖房などと組み合わせて使用すると快適です。

エアコン工事の取替取付工事ははミヨシテックへ

床暖房に関してもミヨシテックへご連絡下さい。

 

エアコンの電気料金を節約するにはどうしたらいいの?

エアコンの電気料金は家庭で年間使う電気料金の約30%前後といわれています。
この為、エアコンを上手に使うことで電気の節約をすることが出来ます。
1.最新の新しいエアコンに交換する。
古いエアコンを使用している場合、新しいエアコンに関しては、冷媒やインバター、熱交換器等の技術の進化により、エアコンは非常に効率の良いエアコンに進化しています。古いエアコンを使い続けるよりも新しいエアコンに交換することが1番の節電になります。
2.エアコンのフィルターをまめに清掃する。
エアコンは熱交換をするためにファンを使って空気を循環させます。この時フィルターが詰まっていると充分な空気が流れないため熱交換の効率が悪くなります。これを避けるために定期的なフィルター清掃(2週間に一度程度)が省エネにつながります。また、熱交換器自体を室内機洗浄することも効率をあげ、故障の軽減にも繋がります。
3.設定温度を1度変更する。
空気中の温度を1度変更するためには非常に大きなエネルギーが必要となります。このため設定温度を変更することでコンプレッサーなどの作動時間を軽減することができ電気料金を下げることができます。
4.カーテンなどを使って窓からの熱の侵入を防ぐ。
エアコンにとって外部から入ってくる熱の流入は非常に大きなも熱負荷となります。たとえば、夏場の西からの西日などは非常に大きな熱負荷となります。また、冬場の場合、冷えた外気が窓から部屋に侵入してくるため、特に暖かい空気が部屋の上部に溜まり、窓で冷やされた冷たい空気が足元にくる現象(コールドドラフト現象)が起こります。
5.こまめに電源をON・OFFする。
電気をこまめにON・OFFすることで無駄な時間部屋を暖めたり冷やしたりすることがなくなる為、省エネです。

イーナエアコンとはどんなエアコン?

イーナエアコンとは?

冷房時は普通の電気エアコンと同じで電気のモーターでコンプレッサーを駆動し冷媒を循環させて冷房を行います。暖房時、イーナエアコンはガスを燃焼さて暖房を行うエアコンです。

イーナエアコンは2004年に一部、リコール対象となっています。大阪ガス(東芝製)品番では下記のエアコンです。

RAG-283KE-K(大阪ガス 商品名 144-0014/0015)
RAG-323KE-K(大阪ガス 商品名 144-0016/0017)
RAG-403KEJ-K(大阪ガス 商品名 144-0019)

[リコールの理由]
エアコン室内ファンを回転させるためのモーターのリード線接続部分に、エアコン洗浄液またはそれに類似する電気を通しやすい物質が付着し、さらに室内機内部で発生した結露がごくまれにリード線接続部分に回りこんだ場合に、室内機の発煙・発火に至る可能性のあることが判明した。

イーナエアコンはすでに製造販売も終了している為、故障の際は電気エアコンへの入れ替えが必要となります。

イーナエアコンの際はエアコンの室外機にガス配管が接続されているのでガスコックのところでプラグ止めの工事が必要となります。

ガスコックのついたエアコンの取替はミヨシテックへよろしくお願いします。

ミヨシテックは地域密着で行っています。
下記の地域にはお電話いただいたらすぐにかけつけます。
お気軽にご連絡くださいませ。

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市

 

ガスシステムエアコンとはどんなエアコン?

ガスシステムエアコンとは?

大阪ガスのガスシステムエアコンの品番は
室内ユニット    45-410
セパレートタイプ 04-410  04-295
マルチタイプ    04-477  04-296
等になります。

冬はぽかぽかとパワフル暖房。夏はひんやりさわやか冷房。
そして、梅雨時にはすっきりドライ。
いつも頼りになります。あなたの暮らしのパートナー!
として売り出されていました。

ガスシステムエアコンは電気のエアコンで冷房を行い、ガスの温水を利用して暖房を行うエアコンです。この為、暖房機能付きの給湯器とエアコンがセットになったエアコンです。電気エアコンの場合、冬の寒いとき室外機の温度が冷えすぎた時に霜取り運転を行う為、その間暖房が出来ない時間があります。この欠点を無くしたのがガスシステムエアコンです。その為、通常の冷媒配管の他に暖房用の配管があります。

非常に暖房に関してはパワフルなエアコンでしたが、ガスシステムエアコンは、1979年に壁掛けセパレートタイプを発売され2013年3月末で、販売を終了となりました。

<参考>大阪ガスからの販売終了のお知らせ

この為、ガスシステムエアコンが故障した場合、新しい電気エアコンへの交換が必要となります。その際、ガスシステムエアコンの撤去の時に暖房配管のプラグ止めが必要となります。(電気業者でエアコンの取り外しをしたが、暖房配管があって工事が出来ないので、プラグ止め業者よりお願いされる事もあります。)

システムエアコンの取替は大阪ガス特約店のミヨシテックへお任せ下さい。

 

エアコンの電源にはどんな種類があるの?

エアコンの電源には、家庭用のエアコンの場合、単相100Vと200Vの2種類です。

エアコンの能力が高くなるほど200Vの電圧が必要となってきます。ちなみに会社などで使用するエアコンの場合は動力の電源で3相200Vの電源が必要となります。

コンセントの形状は下記の種類があります。

コンセントの形状

エアコンの取り替えを行う場合はどのコンセントの形状なのかも調べておく必要があります。

現在発売されている壁掛けエアコンの一般的な機種では室内機からコンセントで電源を取り室外機に電源線を配線するタイプがほとんどですが、機種によっては電源を室外機に接続するタイプの機械もあります。マルチエアコンなどは電源を室外機に配線をしなければなりません。

また、天井カセット型エアコンや床置き型、ビルトイン型のエアコンに関しては室内機に電源線を直接接続するようになっております。

電源に関しては基本的に宅内のブレカーから単独(専用線)で配線をするようにして下さい。また壁掛け単独のエアコンの場合、2.2kWの場合15Aの電源プラグが 2.5kW以上の場合20Aの電源プラグが必要となります。

ミヨシテックは地域密着で行っています。
下記の地域にはお電話いただいたらすぐにかけつけます。
お気軽にご連絡くださいませ。

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市

ガスヒートポンプから取替や隠蔽配管工事でもなんでも対応致します。

エアコンの機種はどのようにして選べばいいの?

エアコンにはさ様々なタイプがあります。一般的なタイプでは壁掛け型のエアコンです。

エアコンの設置するにはまず、どこの部屋を冷暖房を行うかが重要です。部屋の大きさや間取りにより設置できる場所が決まってきます。天井カセット型や床置き型、隠蔽型などの様々な場所に取り付けが行うことのできるエアコンが出ています。

また、換気機能付きのエアコンや、除湿や過失ができるタイプ、空気清浄機の機能がついたタイプのエアコンなども発売されています。

室内機の設置場所により取り付けできるエアコンの種類が決まってきます。この際、室内機のドレンの配管ルートを検討する必要があります。

室内機の設置場所が決まったら、冷暖房を行う部屋やその部屋における発熱量や外部から入ってくる熱などを計算してその部屋の熱量から冷房能力と暖房能力を決定します。

後は配管ルートを検討し問題なければ機械の選定ができます。

タイプによれば単相100Vの機械と単相200Vの機械もありますので、電気の電源の種類によってはコンセントの形の変更や、電圧の変更が必要となることもあります。また、既存のエアコンからの入れ替えなどの場合、室内にはコンセントがなく、室外機に電源を供給しているタイプもありますので注意が必要です。

エアコンの隠蔽配管のメリットとデメリットは何?

エアコンの取り付けを行う際、隠蔽配管と簡易配管の2種類があります。
隠蔽配管にした場合のメリットとデメリットは
メリット
⚫️建物の外周周り意外にもエアコンの取り付けができる為効率の良い配置にエアコンを設置することができる。
⚫️配管が外壁や壁につかない為美観上すっきりしている。
⚫️冷媒配管の保温材などの日光などによる劣化が少ない。
⚫️天井カセット型エアコンなど取り付けることのできる機種の幅が広がる。
デメリット
⚫️新築時や大型のリフォーム工事の時でないと隠蔽配管工事は難しい。
⚫️配管などのトラブル時に修繕に時間がかかったり大がかりな復旧作業が必要となる場合がある。
⚫️エアコンの更新時に設置できる機種などが限られてくる。(換気機能付きや加湿機能付きのエアコンなどは取り付け前についていない場合新たに配管工事を行わないと取り付けできないなど)
⚫️エアコンの故障により冷媒配管が回収できない場合や冷媒配管が汚れている場合配管洗浄などが必要になる場合がある。

隠蔽配管のエアコンの取り替えの場合は故障前に取り替えられる事をお勧めいたします。

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市

隠蔽配管などの理由でエアコンの取り替えを断られた方は是非ミヨシテックに相談下さい。

GHPハウジングマルチの更新はどうしたら良いのでしょうか?

ガスヒートポンプハウジングマルチの販売は8kW(3馬力)タイプを1995年4月、14kW(5馬力)タイプを1999年4月に販売が開始されていましたが、販売台数減少に伴い、「ガスヒーポンハウジングマルチ」は8kW(3馬力)タイプを2008年9月に、14kW(5馬力)タイプを2008年3月にそれぞれ販売終了となっています。この為、メンテナンスに関しては故障が発生した場合、補修用部品の供給が可能な限り修理対応はできると思いますが、修理費用が高額になったりする為、電気のマルチエアコンに交換を行わないといけません。この場合、電気工事やガス工事が発生する為、普通の家電量販店などでお願いしても対応していただく事ができません。例えばダイキン製のワイドセレクトマルチエアコンに交換が必要となります。工事内容としては既存のエアコンの撤去、室外機への電源工事、既存配管を利用する場合配管洗浄、室内外機の設置工事となります。

ガスヒートポンプハウジングマルチの場合、基本的に室内機に電源を必要としない為、新築からガスヒートポンプハウジングを設置している場合、室内機側にコンセントがない場合は特にマルチエアコンにした方がコスト的にもメリットがでます。この為、エアコンの設置位置などにより既存の配管を利用するかなどによっても変わってきますので、現地調査が必要となります。ミヨシテックでは、下記の対象エリアで工事対応を行っています。(対象エリア外もご相談ください)

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市

image

ガスポンプエアコンの更新をお考えの方はミヨシテックまでご連絡下さい。