201805-04 ペアコイルフレア加工傷によるガス抜け=接続部の修正と冷媒ガス充填

先日、エアコンのガス充填だけ対応可能ですか?とお電話にてお問合せを頂きました。
詳しく内容をお聞きいたしますと、エアコン設置からそんなに年数は経過していないのですが、エアコンの効きが悪くなり、メーカーに修理を依頼
機器に異常なく「冷媒ガス」が接続部で漏れているのではないかという経緯です。
早速、現場調査にて内容を確認させていただきましたところ。私たちの予想どおり、エアコンをつなぐペアコイルをフレア加工をした際に
うまくかみ合わず、切断くずのようなものがフレアの一部に挟まり傷になりそこから少量のガスがモレ続けてしまっていました。
こんな場合は施工業者さんに事情を連絡されるのが一番ベストだと思うのですが、なんと!今回は取付け業者さんが「廃業」
されてしまったらしいのです。
そこで、私どもミヨシテックでフレア部分を少しカットして新たなフレアを正しく加工、つなぎ合わせた後にガスを充填し無事完了いたしました。
これで安心してお使い頂ける事と思います。

こんな小さな傷が命取りなんです。

冷媒配管をこんな感じでつなぎます

フレア加工した導管はフレアナットで締めます

こんな感じです

ガス充填、水漏れ、エアコンの配管等、エアコンでお困り事のあるお客様、是非ミヨシテックに一度ご相談下さい。
一緒に最善の解決方法を考えるお手伝いをさせて頂きます。
難しい隠蔽配管で諦めておられる方も一度ご相談下さい、最適な方法をご提案させて頂きます。
ミヨシテックは地域密着で行っています。
下記の地域にはお電話いただいたらすぐにかけつけます。
お気軽にご連絡くださいきっとお役に立つ「何か」を提供させて頂きます。

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・
摂津市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市
その他地域につきましてもご相談下さい。ご相談の上対応させて頂きます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。