自分でできるエアコンお手入れ方法

もうすぐゴールデンウィーク気持ちがウキウキしているあなたにミヨシテック近くの「端午の節句」を先取りでお届けします。のびのびと気持ち良さそうに泳いでおりました。気持ちよく通勤させていただいております。ご近所の皆様ありがとうございます。

ゴールデンウイークを過ぎればもうエアコンもクーラーの季節です。是非エアコンお手入れもお忘れなく!今日は自分でできるお手入れをご紹介します。エアコンの自分でお手入れできる部分は多くありませんが、ここをこまめにお掃除するだけでもエアコンの効果はUPします。ぜひご参考下さい。
ここでは一般的な壁掛け方エアコンでのご案内です。最近ではエアコンの形状もいろいろあり高機能な物もあります。特にお掃除機能が付いているエアコンはフィルターの形状もさまざまですのでご自身でお掃除される前にお手持ちの取扱説明書をよくご確認下さい
<必要な道具の参考>
・踏み台または脚立(高所作業になります、足元を安定させておかないと危険です。また疲れてきてお手入れが面倒!と思ってしまいます)
・新聞紙またはビニールシート(結構ほこりが下に落ちてしまいますので新聞かビニールシート等でエアコン下をカバーしてから始めましょう)
・ゴム手袋
・マスク(ほこりっぽいのであった方が良いかもです)
・雑巾
・ハンディモップ
・掃除機
・洗濯用の中性洗剤
・歯ブラシ

まずは新聞紙やシートでエアコンの下あたりをカバーします。ほこりが高いところから落ちてしまいますので少し広めに用意しておいて下さい
脚立等はシートや新聞紙で不安定にならないように足元を良く確認し、必ず安全確保の為、エアコンのコンセントを抜いてから始めましょう。
慌てない慌てない!エアコンのパーツのお掃除をするより先に、エアコンの表面や上の方に溜まったホコリやゴを取り除いておきましょう。
以外とほこりがあります。濡れていない雑巾、ハンディーモップや掃除機でお願いします。

①フィルターのお手入れ
エアコンの取扱説明書に従ってフィルターを取り外したら、目詰まりを防ぐため、オモテ面からウラ面の順に、表面のホコリを掃除機で吸い取っていきます。粗方ホコリが取れたら、水で汚れを流します。 今度は、フィルターのウラ面からオモテ面に向けて水をかけます。歯ブラシでこすりながら水で流せば、網目に詰まった汚れもきれいになります。 (薄めた中性洗剤を使っても良いですが使用後は良く流して下さい)水洗いが終わったら、タオルで水気を充分に拭き取り、しばらく日陰に放置して完全に乾燥させます。

②前面カバー
エアコンの取扱説明書に従って外せる形状の物は外して水洗い。その際に薄めた中性洗剤に少しつけておくと、ほこりやカビが取れて清潔になります。
水洗いが終わったら、タオルで水気を充分に拭き取ってから戻します。湿気が残っていますとエアコン内部のカビは臭いの原因にもなります。

その他ルーバー(吹き出し風向板)なども汚れをやさしくできる範囲で拭いていただければ良いのですが、非常に繊細な部品ですのでエアコンの種類によってはお手入れ中に部品の破損し故障に繋がる場合がありますので、ご自身でのお手入れは取扱説明書にしたがって無理の無い範囲でお願いいたします。

エアコンで困ったな?どうしたら良いのかな?と思ったら是非あなたの街のミヨシテックにご相談下さい。
現地調査、お見積りは無料でさせて頂きます。特に「隠蔽配管」等他店で断られたお客様まずはお電話下さい。一緒に解決させて頂きます。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。