エアコンの電源にはどんな種類があるの?

エアコンの電源には、家庭用のエアコンの場合、単相100Vと200Vの2種類です。

エアコンの能力が高くなるほど200Vの電圧が必要となってきます。ちなみに会社などで使用するエアコンの場合は動力の電源で3相200Vの電源が必要となります。

コンセントの形状は下記の種類があります。

コンセントの形状

エアコンの取り替えを行う場合はどのコンセントの形状なのかも調べておく必要があります。

現在発売されている壁掛けエアコンの一般的な機種では室内機からコンセントで電源を取り室外機に電源線を配線するタイプがほとんどですが、機種によっては電源を室外機に接続するタイプの機械もあります。マルチエアコンなどは電源を室外機に配線をしなければなりません。

また、天井カセット型エアコンや床置き型、ビルトイン型のエアコンに関しては室内機に電源線を直接接続するようになっております。

電源に関しては基本的に宅内のブレカーから単独(専用線)で配線をするようにして下さい。また壁掛け単独のエアコンの場合、2.2kWの場合15Aの電源プラグが 2.5kW以上の場合20Aの電源プラグが必要となります。

ミヨシテックは地域密着で行っています。
下記の地域にはお電話いただいたらすぐにかけつけます。
お気軽にご連絡くださいませ。

【対象地域】
八幡市・京田辺市・枚方市・交野市・寝屋川市・高槻市・茨木市・守口市・門真市・大東市・四條畷市・大阪市・東大阪市・八尾市

ガスヒートポンプから取替や隠蔽配管工事でもなんでも対応致します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。