エアコンの機種はどのようにして選べばいいの?

エアコンにはさ様々なタイプがあります。一般的なタイプでは壁掛け型のエアコンです。

エアコンの設置するにはまず、どこの部屋を冷暖房を行うかが重要です。部屋の大きさや間取りにより設置できる場所が決まってきます。天井カセット型や床置き型、隠蔽型などの様々な場所に取り付けが行うことのできるエアコンが出ています。

また、換気機能付きのエアコンや、除湿や過失ができるタイプ、空気清浄機の機能がついたタイプのエアコンなども発売されています。

室内機の設置場所により取り付けできるエアコンの種類が決まってきます。この際、室内機のドレンの配管ルートを検討する必要があります。

室内機の設置場所が決まったら、冷暖房を行う部屋やその部屋における発熱量や外部から入ってくる熱などを計算してその部屋の熱量から冷房能力と暖房能力を決定します。

後は配管ルートを検討し問題なければ機械の選定ができます。

タイプによれば単相100Vの機械と単相200Vの機械もありますので、電気の電源の種類によってはコンセントの形の変更や、電圧の変更が必要となることもあります。また、既存のエアコンからの入れ替えなどの場合、室内にはコンセントがなく、室外機に電源を供給しているタイプもありますので注意が必要です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。