エアコンとガスファンヒーター。同じ設定温度にしたらどちらがお得?

エアコンとガスファンヒーターを同じ設定温度にした場合どちらが効率が良いかといえばそれぞれに特徴があります。

冬場の暖房はエアコンとガスファンヒーターだとすぐに部屋全体を温めてくれるのはガスファンヒーターです。エアコンの場合、室外の温度が寒い場合、霜取り運転などを行う時間もある為、その間暖房がされない時間があります。しかし、ガスファンヒーターにはその様な心配はありません。しかし、光熱費に関しては、最近の高効率のエアコンとガスファンヒーターではエアコンの方がランニングコストは安くなります。

しかし、エアコンについては壁の高いところに室内機が取り付けられていることも多い為、暖かい空気は対流で上の方に集まる為、人間の顔の周りは暖かいですが、足元が寒いなど、本当に暖めたい場所が十分に暖められるわけではありません。その点、ガスファンヒーターに関しては吹き出し口は床の少し上にある為、足元から暖かい風を送ることができる為足元暖かで顔の周りは快適な温度にすることができます。暖房時には一般的に頭寒足熱と言われ頭は涼しく、足元あったかが一番良い暖房とされています。

足元を温めるにはガスファンヒーターや石油ファンヒーター、床暖房などがあります。しかし、欠点もあります。室内で燃焼させるガスファンヒーターや石油ファンヒーターの場合、暖房器具に関しては定期的に換気を行うことが必要となります。(燃焼によって室内の酸素が燃焼によって減少し、二酸化炭素や一酸化炭素となっる為)

この為、電気のエアコンと暖房で使用したり、はじめの部屋の温度を少し暖めるため、ガスファンヒーターを利用し、その後、床暖房などと組み合わせて使用すると快適です。

エアコン工事の取替取付工事ははミヨシテックへ

床暖房に関してもミヨシテックへご連絡下さい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。